麻痺の回復はいつまで続くの?【脳卒中専門 南林間駅 大和 みらい整体院】

脳卒中後遺症である片麻痺の回復を10年間追求してきました廣田雄也です。

ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

麻痺の回復はいつまで続くの?【脳卒中リハビリ】

脳卒中後に麻痺のある方は急性期・回復期病院でリハビリテーション行なうことが多いと思います。そこで良く聞く内容が「6ヶ月が麻痺が治る期間です」「回復するためには6ヶ月が勝負ですよ」といったことではないでしょうか。

最近の研究と私の経験をもとにお答えすると

生涯回復し続けます!!

ただし、脳卒中になった後から6ヶ月が回復しやすいのは確かです。

私は6ヶ月過ぎてからが重要だと考えております。

ではどのようなことに気をつけたら回復し続けられるのか気になりませんか?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

頑張りすぎないでください!

頑張りすぎると以下のことが起きます。

  • 力んでしまう
  • なんでもやりすぎてしまう
  • 精神的に追い詰められる

なぜ力むと良くないの?

力むと連合反応ということが起きます。

連合反応とは:体のある部分を動かすと他の部分まで動く状態

例としては、何かしようと動いた時に麻痺している腕が曲がってくるようなことです。経験ありませんか?

要は頑張って力んだ動きをすると麻痺しているほうの腕や足が硬くなります

硬くなると動きにくくなってしまいます。

なぜなんでもやりすぎると良くないの?

やりすぎは筋疲労を起こします。

筋疲労を起こすと痛みが出たり、筋肉が硬くなったりします。

すると動きが悪くなり、転ぶ危険性が高くなったりと良いことはありません。

しっかりと負荷量は管理した上で効果的な方法必要な量でリハビリすることが大切になります。

 

精神面は動きに影響を及ぼします

スポーツ現場でメンタルトレーニングが重要なことと言われていますが、それほど精神面は動きに影響を及ぼすことが実証されています。

良くならない、もう無理かも、何もできない…。

こんなことを考えていると動きも悪くなります。

焦らずできることに目を向けることは大切です。

まとめ

麻痺の回復に期限はありません

しかし、その時々であなたの状態にあった治療を行なう必要があります。

その選択を的確に行える方にみてもらってください。

そうすれば必ず今以上に麻痺は良くなります。

追伸

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

興味を持たれた方はこちらをクリックして当院のホームページを覗いてみてください

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA