杖なしで歩くために必要なこととは!?【脳梗塞リハビリ】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

杖なしで歩くために必要なこととは!?【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症として麻痺を伴う場合があります。半身が動き難くなったり力が入り難くなることで歩けなくなることも少なくありません。足の支えが不十分であることからリハビリでは杖を使用しての歩行練習を行い、自宅に帰る時にも杖をついて退院される場合が多いと思います。

しかし、杖なしで歩くことが最終目標である場合もあると思います。

今回は杖なしで歩くために必ず必要なことをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

そもそもなぜ杖をつくのか

原因を考えた場合はこの2つです。

  • 恐怖心
  • 麻痺した足に力が入らない

恐怖心があると何かにつかまりたくなりますよね?それが杖になっているだけです。

こんな研究があります。

「杖をついた場合とカーテンに軽く触れた場合はさほど歩きが変化しなかった」とのことです。だいぶ内容を省略してますが何かに触れているだけで動きは変わります。

恐怖心が歩きに与える影響が強いことが言えると思います。

麻痺した足に力が入らないのは大きな問題です。支えられなければ歩けません。筋力のある場合が歩きが良くなるという研究報告もされています。

これらを考えるとこの2つの問題さえ改善できれば杖なしで歩けるんじゃないですか?

杖なしで歩くには

恐怖心を克服するためには結局は慣れや自信ですが、ここで重要になるのは足に力が入り支えられると感じることです!

「結局は筋力じゃないか」と言われる方がいらっしゃると思いますが、杖で歩けるぐらいの方であれば筋力は十分にあります。

大切なのは良い感覚で支えられると実感することです。

勝手に筋力がないと思っているだけで支えられるんだという感覚さえあれば状況は一変します。そしてそれが自信にも繋がり杖なしでも恐怖心なく歩けます!

しかし、いきなり実践するのは危険ですので必ず治療家のもとで杖なし歩行を目指してください。

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当院に興味のある方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA