歩行時に見られる反張膝の治し方!【脳梗塞リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

歩行時に見られる反張膝の治し方!【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症として麻痺が生じる場合を多く認めます。麻痺は手足が動き難くなることから歩行に大きな影響を与えます。

特に膝が逆に曲がってしまう反張膝は膝や腰に対する負担が大きく、後々痛みが出る危険性が高いです。

また、歩行の伸びしろを無くすことにもつながり、改善の妨げになります。

今回は反張膝を改善するために必要なことをお伝えいたします。

なぜ反張膝が起きるのか!?

一番の大きな要因はつま先が上がらないことです。

  • ふくらはぎの筋肉が硬い
  • つま先が上がる可動範囲がない

このような場合につま先が上がらなくなります。

装具を使用した歩行練習

つま先が上がり難い場合には様々な治療があります。しかし、突然動きが良くなるなんてことはまずありません。

その中で歩行練習を行うことは間違った歩き方を覚える要因になってしまい、一生悪いクセのついた歩きのままになる場合があります。

それを防ぐために装具を使用した歩行練習が有効になります!

装具でつま先の動きを補助する事で良い歩き方を学習していくことができます。もちろん装具は種類が沢山ありますし、治療も併用して行う必要があるので治療家のスキルにもかかっています。

 

装具なんてつけたくないというあなたへ

あなたの立場になって考えると私もつけたくありません!

それでも私は装具を使用しての歩行練習を行います。

なぜなら…

自分の手を離れる時に装具無しで歩いて欲しいからです!

全ては最終目標のためです!

みんながみんな装具を使用しての歩行練習が必要なわけではありません。しかし、つま先が上がり難いのであれば使用すべきです。色んな研究・論文でも実証されています。

納得できる歩行を獲得しましょう!

 

 

 

 

 

 

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当院に興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA