歩行の時に指が曲がってませんか?【脳梗塞リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

歩行の時に指が曲がってませんか?【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症として麻痺を伴う場合がありますが、歩く時に全身の緊張が高くなることが多々あります。

こうなると立っているバランスが悪くなりますし、歩き難くて転んでしまうリスクも高まります。

その中でも足の指が曲がっている方いらっしゃいませんか?

足の指は立っているバランスをとるのに非常に重要であると言われています。

今回は足の指が曲がることへの対処法や改善方法をお伝えします。

 

なぜ指が曲がるのか?

そもそもなぜ指が曲がるかというと筋肉の緊張が高まることが原因です。

これは心理的不安やバランス不良、力の入れどころの違い、運動のイメージが違うなど色んな要素が関係してきます。

一つ例を挙げると

吊り橋を渡る際やスノーボードを初めてやった時に凄く不安定でバランスが悪いと思いますがあなたの体はどうなっていましたか?

おそらく硬くなって手足は曲がっていたが逆に突っ張っていたと思います。

不安定な状態でバランスをとることに余裕がないと人間はこういう反応を必ずとります。

 

心理的緊張が筋肉の緊張も高める

これが足の指が曲がる原因の一つです。

歩く回数が増えるにつれて緊張が抜けてくる方は数多くいらっしゃいます。

ぞくにいう慣れです!しかし、間違った慣れ方をすると膝や腰に負担の出る歩き方を獲得しますし、足の指の緊張が常に続くようになってしまったりもします。

 

間違った歩き方にならないために

指が曲がる時点で装具を使用する。

装具をずっとつけてくださいと言っているわけではありません!

使わないといけない時には使いましょうと言っているだけです。最終的には外れる方向に進めていきます。

装具を使用して足の指を曲げずに歩くことで正しい感覚を覚えます。感覚を覚えることで装具を外しても指が曲がることなく歩けるようになる方は数多くいらっしゃいます。

適材適所です!今のリハビリで指が曲がる方がいれば治療家に聞いてみてください。最近、装具嫌いの治療家も多いので注意ですよ!

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当人に興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA