歩くバランスを良くするにはこれ!【脳梗塞リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

歩くバランスを良くするにはこれ!【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症として麻痺が生じることがあり、足が動きにくくなる場合があります。

そのため、歩くバランスを崩し一人で歩くことが困難になることも見受けられます。

バランスというものは歩行を獲得する上で非常に重要な要素になっています。

今回はバランス良くする方法についてお伝えさせていただきます。歩く際にふらついて怖い方は是非このブログを参考にして頂けると幸いです。

 

足の指を動かすことの重要性

人間は二足で移動する生き物です。立つ時歩く時は必ず地面に足の裏が接触しています。むしろ足の裏しか接触していません。

この点から足の裏の機能が大切だと言えます。その中でも自由に動かすことができるのは指になります。指が動かなければ地面をつかむことはできません。

研究でも実証されており、足の指があるのとないのとでは立っているバランスや歩きのレベルが違うということです。

とにかく足の指が動くとバランスは良くなります!

 

動きやすい指を作る

動きやすい指を作るには必ず感覚と柔軟性が必要になります。

感覚とは動かしたり、触られたりすることを感じることですが、特に立った時に体重がどこにかかっているのかを認識することが大事です。

柔軟性はもちろん指自体が動く柔軟も必要ですが、足の裏全体が柔軟なことが最も重要です。

そこでお勧めするエクササイズが「ボールコロコロ」です。

これは足の裏が柔らかくなりますし指も動きます。

テニスボールやゴルフボールで行うと良いです。指先から踵までゆっくりと動かしていきます。痛みが強い場合は軽く乗せてください。

 

まとめ

あなたの足の裏が柔らかくなって歩きのバランスが良くなることを心より願っております。ご自身で行ってみて効果の出にくい場合には専門家へご相談ください。

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当院に興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA