麻痺があっても早く歩くには?【脳梗塞リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

麻痺があっても早く歩くには?【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症により麻痺が生じることがありますが、足が動きにくくなることから歩くスピードが遅い場合があります。

歩くスピードが遅いことで生活の幅が狭くなることがあります。

  • 信号が青のうちに横断歩道を渡りきれない
  • 電車に乗り遅れる
  • 遠くに行けない

など色々と不自由を感じることが多いと思います。

今回は、上記のような悩みを持ったあなたに是非参考にして頂きたい内容となっています。

 

なぜ歩くスピードが遅くなるのか

麻痺が起きると足を出しにくくなったり、体重を支えにくくなったりと歩くのが難しくなる場合があります。

もちろん上記の問題は歩くスピードにも影響は大きいです。

一番スピードとの関係が深いのは蹴る力です!

足が軽く早くでないというあなた!問題は股関節を曲げる力ではなく、蹴る力です!

麻痺のない方を対象とした研究でも歩くスピードと蹴る力は相関(関係が深い)していると実証されています。

 

なんで蹴れないのか?

理屈はわかるけどどうやったら蹴る力を鍛えられるのか?

  • 装具を履いている
  • 床に踵がつかない
  • 足を揃えながら歩いている

上記の内容が問題です。

そのため、これが改善できた状態で歩く練習ができれば自然と筋力はついてきます。

 

まとめ

ここまで蹴る力の大切さをお伝えしました。

この力をつけた上で歩行練習を行うことが早く歩く事へと繋がります。

しかし、装具を外すことにはそれなりのリスクがありますし、歩き方を変えることは大きな変化を伴います。

専門家の指導のもと歩行練習を行うことをお勧めします。

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当院に興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA