背筋は決して伸ばさないでください【脊柱管狭窄症リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】

脳卒中後遺症である片麻痺の回復を10年間追求してきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

背筋は決して伸ばさないでください【脊柱管狭窄症リハビリ】

脊柱管狭窄症の方で歩行練習を行う際に「背筋を伸ばして前を向いて」と言われた経験のある方はいらっしゃいますか?

それは間違いです!

決して無理に伸ばさないでください。あなたの一番楽な姿勢は少し猫背ぐらいだと思います。背筋を伸ばしたほうが楽ならそれでもいいかもしれませんが…

今回は脊柱管狭窄症の方がなぜ背筋を伸ばしてはいけないのか?伸ばすことで何が起きるのかをお伝えします。

「背筋を伸ばして前を向いて」言われた経験のある方は是非参考にして頂けると幸いです。

 

背筋を伸ばすと体に悪い

脊柱管狭窄症とは背骨に神経が挟まれて痺れや痛みが出る状態です。手術を行なって神経の圧迫を改善することで通常多くは症状の改善に繋がります。

この症状が増悪する姿勢として背骨が反るようにすると良くないと言われています。これは研究論文で実証されているものです。

ということは背筋を伸ばすと背骨は反るので症状が増悪するというわけです。

 

コルセットをつけると背筋が伸びるのでは?

コルセットは極端に体が曲がったり反ったりするのを防ぐにすぎないものですので問題ありません。逆に装着していないと症状を悪化させる危険性が高いです。

 

楽な姿勢で生活してください

正常と言われている姿勢は全ての人に合うわけではありません。あなたが一番楽な姿勢が一番です。

楽な姿勢とは痺れや痛みが一番落ち着く姿勢です。

追伸

みらい整体院には毎月多くの患者様が通院されております。

その一方で大和市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいらっしゃり、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

このままで良いわけがない
もしも、あなたが

この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…
このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時こそ、みらい整体院にお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。
みらい整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

当院に興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA