杖の選択で歩きは変わる【脳梗塞リハビリ 南林間駅 大和 みらい整体院】

脳卒中後遺症である片麻痺の回復を10年間追求してきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

杖の選択で歩きは変わる【脳梗塞リハビリ】

脳梗塞後遺症として麻痺を伴うケースが多いですが、歩行の際に杖を使用する場合が多いと思います。

この杖の選択は歩行を行う上で非常に重要になってきます。

あなたはどんな杖をお使いですか?

 

なぜT-caneを使用するのか?

上の写真にあるのが一般的に使用頻度の高い杖(T-cane)です。海外で使用されている方は日本ほど多くありません。

日本では杖といえばT-caneという概念が根付いているように思えます。

しかし、別の杖を使用することで歩きが大きく改善する方も少なくありません。

 

ノルディックポールの使用

T-cane以外で考えた時にノルディックポールの普及が広まってきています。

北欧が発祥の杖ですが、主に山登りなどで使用されてきました。両手に杖を持つことから歩行の安定性が良くなることや足にかかる負担が少ないという研究があります。

また、体が起こしやすくなり足も前に出しやすくなるとも言われています。

麻痺の方では両手を使えない場合もありますが、この杖は片手で持っても体が起こしやすくなるという方が多いです。

 

使う道具にもこだわる

あなたは歩く時の道具である杖や靴、装具やサポーターは自分に合ったものをお使いですか?もし何もこだわりがなければあなたはもったいないことをしているかもしれません。なぜならもっと動きやすくなる可能性を秘めているからです。

結果を残すスポーツ選手と同じですよ。イチロー選手はバットやグローブ、スパイクなどこだわってますよね?

もし相談する相手がいなければ私は治療技術と補助具にもこだわる治療家ですのでご相談ください。

追伸

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

当院に興味を持たれた方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA