冬の時期は脳梗塞に注意【脳梗塞専門 南林間 大和みらい整体院】

こんにちは!大和みらい整体院の廣田雄也(ひろたゆうや)です。

冬真っ只中の2月中旬になりましたね…。本当に寒い毎日です。

この時期は非常に脳梗塞になる方が増える時期でもあります。

今回はその理由と気をつけるべき注意点についてお伝えします!

内容をわかりやすく動画で解説していますのでご視聴ください

是非、チャンネル登録もおこなっていただけると嬉しいです!

また、LINEからはお得な情報と個別でのご相談を24時間受け付けておりますので、ご登録お願いします。

脳梗塞が増える1番の要因とは!?

それはやはり気温の上下が激しくなることにあります。

外は凄く寒くて、部屋の中は暖かいですよねー。

部屋の中は暖かくても、脱衣所や浴室内は寒くないですか?

このように、夏と違って寒暖差が激しいんです。

脳梗塞の病態としては、頭の血管に血栓(血の塊)が詰まって引き起こされます。

寒暖差が激しいと血管が広がったり縮んだりも同時に大きく起こり、血圧の変動が大きい状況になります。

そうなると、血栓が頭に移動して行きやすくなったりもします。また、心臓への負担も大きくなることも要因と言われています。

有効な対策とは!?

単純なことですが、寒暖差をできるだけ少なくすることです!

外に出る時には暖かい服装でしっかり、手足や首元まで冷やさないようにすることが大切です。

また、脱衣所や浴室は冷え込みますので、暖房設備のあるご自宅でしたらあらかじめ暖かくしておくことをオススメします。設備の無いご自宅でも湯船の温度を熱くせずに体温よりも少しぬるめの38~41℃ぐらいにしておくことをオススメします。

お風呂以外には早朝のトイレには注意が必要になります。

早朝のトイレは夜間は多くのご家庭が暖房を消されていると思いますので、トイレも冷え込んでいるかと思います。

そんな中、起きてすぐの血圧が低い状況でトイレに行って力むと脳出血を起こす危険性が高まります。

かといって便意を我慢することは良くないので、ポイントとしては「息を止めずに用をたして」ください。

そうすることで、血圧が急激に上昇することを避けることができて、脳出血のリスクは下がります。

まとめ

今回は脳梗塞や脳出血にならないための注意点をお伝えさせていただきました。

簡単なことですが、結構効果的な内容となっていますので、是非ご自分での実践やご両親・祖父母の方にお伝えいただけると幸いです。

追伸

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

  • マンツーマンで治療してくれなかった
  • リハビリの内容に満足できない
  • 効果を感じない
  • 回数や時間が少ない

当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを12年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

興味を持たれた方はこちらをクリックして当院のホームページを覗いてみてください

ラインの友達登録でもお得な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA