手術したけど腰が痛い【脊柱管狭窄症 南林間駅 大和 みらい整体院】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

手術したけど腰が痛い【脊柱管狭窄症治療】

脊柱管狭窄症と診断された方の多くは手術適応となり、術後はリハビリテーションを受けるとことが多いと思います。

しかし、痛みが残る場合も少なくないのが現状です。その原因が術後のリハビリテーションという場合もあります。

  • 背筋を伸ばして胸を張ってください
  • 歩くときは前を向いて
  • 私生活で体は曲げないで 

治療家から言われたことありませんか?言われたことのある方はこのブログを是非参考にして頂けると幸いです。

背筋を伸ばすと腰が痛くなります!

一般的に背筋を伸ばした姿勢が良い姿勢と認識されています。また、歩く際にも前を向いて歩くことが良いとされています。

確かに悪いことではありませんが、必ずしもみんなに当てはまることではありません。

脊柱管狭窄症の方にとっては悪い姿勢になります!

椎間板にかかる圧迫される力や神経を狭窄する力に関しては、背筋を伸ばした状態と比較して少し曲がった楽な姿勢の方が弱いという論文があります。

つまり、背筋を伸ばすと神経を圧迫して痛みが出やすく、最悪痺れも伴うということです。

一番良い姿勢とは

立っていて楽な姿勢をとってください。

上の写真に現れていますが、脊柱管狭窄症の方は円背姿勢の方が腰に対する負担は小さいです。

私生活で腰を曲げてはいけないのか?

リハビリテーション病院で腰を曲げたり捻ったりしないでくださいと言われることが多いと思います。

これはその方の状態にもよりますが、大半の方は座った状態で靴を履くのに腰を曲げるぐらいは大丈夫です。

逆に動かさないことで腰回りの筋肉が働かず、硬くなって循環不良や痛みを引き起こしやすくなる原因にもなります。

追伸

みらい整体院には毎月多くの患者様が通院されております。

その一方で大和市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいらっしゃり、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。
「このままで良いわけがない」
もしも、あなたが
「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」
といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…そんな時こそ、みらい整体院にお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。
私の技術はそんなあなたのためにあるのです。みらい整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

当院に興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページに移動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA