筋トレをすると腰痛は悪化する【腰痛専門 南林間 大和みらい整体院】

神奈川県大和市にあります「大和みらい整体院」の院長をしております廣田雄也と申します。これまで11年間急性期総合病院や回復期リハビリテーション病院を中心として腰痛患者様の治療を行なってきました。

このブログでは腰痛や肩こりについての原因や改善点に関してお伝えしていければと思います。お身体の悩みに苦しむあなたにとって有用な情報となれば幸いです。

腰痛に筋トレがあなたは効果的だと思いますか?

当院に初めて来院される方の多くは筋トレで腹筋を鍛えるように病院で言われましたとお答えになられます。

これは100%間違いというわけではありませんが、実際に筋トレで腹筋を鍛えて腰痛は改善されましたか?むしろ悪化されていませんか?

本日は筋トレを行なうことで腰痛が悪化する危険があるということをお伝え致します。

なぜ腹筋が重要だと言われるのか!?

腰を安定させるためにはお腹に力を入れて腰骨がグラグラしないようにする必要があります。

そのためには腹筋に力を入れて腹圧を高め続ける必要があるんです。

一番イメージしやすいのはコルセットになります。お腹に巻くことによって締め付けて腹圧を高め続けることができるので腰が安定して痛みが軽減されるという感覚を感じることができます。

コルセットが腹筋の役割を代償している形です。そのため、コルセットを長く使用し続けると腹筋はどんどん弱くなって外した時にお腹のグラグラは強くなってしまいます。

やっぱり腹筋は大事!?

その通りです!ただ一般的な腹筋の筋トレを行なっても腰痛の改善に必要となる腹圧を高め続ける機能は獲得できません。

大切なのはインナーマッスルです。姿勢を保持したり動作を行なう際には必ず働く筋肉になります。

このインナーマッスルをいかに働かせ続けられるかが一番の重要なポイントになります。そのため、腹筋の動作をいくら行なっても効果を感じにくいことになります。

なぜ腹筋は腰痛を悪化させる危険があるのか

腰の骨を安定させるには、シンプルに考えると腰の前にある腹筋と後ろにある腹筋がバランス良く働く必要性があります。

そのため、腹筋のみが強くなった場合には背筋に負荷がかかりやすくなってしまいます。

また、筋トレで腹筋を行なう中で腰に負担がかかり痛みを強くする場合も多く聞かれます。やみくもに行なうと危険性は高まります。

筋力が強いことは良いことですが、あなたにベストな筋トレを選択する必要があります。

そのため、一概に筋トレで腹筋を行なうことが悪いことではなく、鍛える方法や目的を明確にすることが大切です。

病院を受診された際に「筋トレで腹筋を鍛えましょう」と言われた場合には①なぜ?②詳細な方法③回数とその理由を質問してください。

おのずと効果の高まる筋トレが行なえます。

今回の一部の内容をわかりやすく動画で配信していますので参考にしていただけると幸いです。

情報は随時配信していますので是非チャンネル登録お願いします!

追伸

みらい整体院には毎月多くの患者様が通院されております。

その一方で大和市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいらっしゃり、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、家事ができない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。
「このままで良いわけがない」
もしも、あなたが
「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」
といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…そんな時こそ、みらい整体院にお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。みらい整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

大和市 整体
ご興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページを見ることができます。

LINEからもお得な情報を発信しています。

大和市 整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA