腰痛は自分で治す!座った時の腰痛対策 【腰痛専門 南林間駅 大和 みらい整体院】

理学療法士として10年間リハビリテーション分野に関する臨床・研究を行なってきました廣田雄也です。
ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

腰痛は自分で治す!座った時の腰痛対策 【腰痛専門 大和みらい整体院】

仕事内容としてデスクワークが多く、座る時間が長くなることを避けられない方は多くいらっしゃると思います。

来院される方に関しても「座って仕事をしてる時に腰が痛くて…。どうにかしてほしい」と悩まれている場合が多いです。

多くの場合は姿勢が関係しており、そこを工夫するだけで腰痛が軽減する場合もあります。

今回は腰痛を起こしにくい姿勢についてお伝えさせて頂きます。

腰痛を引き起こしやすい姿勢

お尻の上の方で座ったり(仙骨座り)、足を組んで座ると腰痛になる場合が多くなります。

仙骨座りでは過度に腰が常に曲がった状態になり、筋肉が常に引き伸ばされて負担を蓄積することにつながります。

足を組んで座ると骨盤の位置が左右非対象になります。そのため、腰への負担も片側に強くかかります。また、足の筋肉も組んだ側は常に伸ばされる状態になることから痛みの元にもなります。

腰に負担のかかりにくい座り方

お尻の骨で床を感じるように座ることが大事です。

坐骨で座りましょう!

坐骨で座る利点は主には以下の2つです。

  • 構造上で腰骨に負担がかかりにくい
  • お腹に力が入りやすい

腰が曲がりすぎたり伸びすぎたりしない姿勢が大切です。また、お腹に力が入ると腰が安定するので負担は軽減されます。

まとめ

座り方1つで腰への負担は大きく変わり、腰痛の軽減にもつながります。

今回お伝えした内容を実践することで腰痛が軽減したケースは多くあります。

是非試してみてください。

追伸

みらい整体院には毎月多くの患者様が通院されております。

その一方で大和市ではまだまだ腰痛の患者様が多くいらっしゃり、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。

それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。

このままで良いわけがない
もしも、あなたが

この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…
このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時こそ、みらい整体院にお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

私の技術はそんなあなたのためにあるのです。
みらい整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!

ご興味のある方は是非一度ホームページを覗いてみてください。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA