肩の痛みの原因はこれです‼︎【脳卒中専門 南林間駅 大和 みらい整体院】

脳卒中後遺症である片麻痺の回復を10年間追求してきました廣田雄也です。

ブログにお越し頂きまして誠に有難う御座います。

肩の痛みの原因はこれです‼︎【脳卒中リハビリ】

脳卒中後遺症である片麻痺と一緒にみられやすいのが肩の痛みです。その原因は様々ありますが、意外なところから起きている事実があります。

肩の痛みで悩むあなたへ有用な情報となれば幸いです。

痛いのに無理に動かされたりしてませんか?

特に弛緩性麻痺(腕がだらんとした状態)の方において無理に肩を動かすことは危険です!

上記の方は必ず一度は「肩が亜脱臼してます」と言われたことがありませんか?

亜脱臼してるんですよ!外れかけている肩を痛みを出しながら動かしていいわけがないですよね…。

でも動かさないと肩は硬くなります!

じゃあどうすればいいのか…

こんな経験ありませんか?

この人にやってもらったらあまり痛くないのにあの人にやられる時は痛い。

肩を動かされる相手によって痛みが変わる場合があるんです!

これは完全に技術の差と信頼関係がそこにあるかないかです!

亜脱臼している肩であれば外れかけている骨を元の位置に戻した上で動かせば痛みは出ません。

相手を信頼していれば無駄な力が入らずスムーズに肩は動きます。

極端な例えですが嫌いな人に触られたくないですよね?好きな人なら同じことをされても感じ方は違うと思います。

 

痛みはリハビリが原因である場合がある

上記の内容をご理解いただければ痛みを我慢して動かされている方は要注意です!

これを解決するには

  • 治療者を変更してもらう
  • 痛みの出ない範囲で動かしてもらう

これしかありません。

対応は早いほうがいいです!その先に良くないことが起きる可能性があります!

痛みが生涯残る可能性がある

よく野球選手で肩が痛くなり手術を受ける場合があります。その際に多いのが腱板損傷・断裂です。

これは肩に過度な負荷が加わって起きることですが、意外と片麻痺や五十肩の方にも多いという論文もあります。ここから考えられることは、やはり治療者が結果を追い求めて無理に肩を動かすことが大きく関わっていると言えます。

肩の痛みでお悩みのあなたへ

強い痛みを出さずに治療する治療家のもとで回復を目指してください

追伸

当院は脳卒中治療に特化しています

回復期リハビリテーション病院をご退院された後にリハビリを継続するとなると以下が挙げられます。

デイケア
訪問リハ
クリニック
整体院
あなたはどこでリハビリを継続しようとしていますか?または継続していますか?

デイケアや訪問リハは保険診療にて行うことから介護度により回数制限があります。

病院にいた時のようにリハビリをガツガツやりたい!デイケアは「レクレーションがあるから嫌だ」「時間が来ないと家に帰れないのが辛い」という方はクリニックや整体院を選ばれる場合があります。

クリニックや整体院のリハビリで満足されていますか?

当院にたどり着いた理由とは?今までのリハビリで以下のような経験をされているからです。

マンツーマンで治療してくれなかった
リハビリの内容に満足できない
効果を感じない
回数や時間が少ない
当院にいらっしゃる方は効果的で充実感のあるマンツーマンでのリハビリを期待されています。そして、自費でもいいから回数や時間にとらわれたくない方が多いです。

当院は脳卒中リハビリを11年間行なってきた私の全てを出しきって治療を行わせていただきます!

今まで受けてきた脳卒中リハビリとは違う何かを感じて頂けると確信しております!

明るい「みらい」を一緒に目指しませんか?

興味を持たれた方はこちらをクリックして当院のホームページを覗いてみてください

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA