ふくらはぎから膝痛を治す!簡単な方法とは!?【 膝痛専門 南林間駅 大和 みらい整体院】

こんにちは!大和みらい整体院院長のひろたです。11年間の臨床経験で2500人以上の方の治療を行なってきました。

本日もブログをご覧いただき誠に有難うございます!あなたにとって有用な情報となれば幸いです。

ふくらはぎから膝痛を治す!簡単な方法とは!?【大和みらい整体院】

このブログを読まれているということは膝痛に苦しんでいる状況だと思います。

膝痛は原因が無数にあり、整形外科でも明確な原因を追求することが難しい場合も少なくありません。

しかし、歩き過ぎた時に膝痛を感じる場合に原因となりやすい部位があります。

それはふくらはぎ(腓腹筋・ヒラメ筋)です。

膝痛が一番気になるけどふくらはぎも疲れている感じがするというあなた!

今回はそんなあなたが苦労せず簡単に悩みを解決できる方法をお伝えしたいと思います。

膝痛とふくらはぎの関係とは?

ふくらはぎの筋肉は膝と繋がっているからです。

腓腹筋とヒラメ筋から構成されているふくらはぎですが、膝の後方に付着しています。

ここで疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

「私は膝のお皿の下が痛いんだけど!」「膝の裏は痛くないから!」

そう思われる方はその通りだと思いますし、膝の前側が痛いのでその場所にしかアプローチを行わない治療家は沢山います。

しかし、私はふくらはぎが原因で膝の前に痛みの出る方を多く経験しています。膝周りは多くの筋肉が協同的に働いています。全ての筋肉がバランスよく収縮しないと上手く関節が動かず痛みを伴う可能性が高まります。

疲れたふくらはぎの改善方法

あなたは疲れた時どうやってふくらはぎの痛みをとっていますか?

シップ?マッサージ?ストレッチ?が一般的だと思います。

結論から言うと方法は何をやっても改善します!

最も大切なことは気持ちいいと感じることを行うことです。

特にご年配の方やスポーツをされている方は痛いぐらい行なったほうが効果的だと感じる方は非常に多いです。

これは間違いです!時と場合にもよりますが揉み返し(次の日に痛みが出る)が起きる可能性は高いです。

とにかく気持ちいいと感じることを行なってふくらはぎが柔らかくなるのを感じてください。

その後に膝の痛みが軽くなる可能性は十分にあります。

効果が持続しない

今までお伝えした内容を行なっても効果が持続しない場合は、原因がふくらはぎではない可能性があります。

普段の生活習慣や動き方に問題のある場合も多いので、動作分析を行える理学療法士に相談することをお勧めします。

追伸

大和みらい整体院には膝痛を抱えた多くの方がご来院されます。

その方々の多くが以下のような悩みを抱えていらっしゃいます。

  • 注射を打っても効果が長続きしない
  • 筋トレをしても良くならない
  • 病院で手術を勧められたけどできればしたくない
  • 病院での治療はシップと電気治療だけで満足できない
  • 毎日の膝の痛みから解放されたい!
    整形外科や整体院などに通って治療を行なっても「痛みが変わらない」「全く効果を感じない」ということが今の現状です。

その結果、「この膝の痛みと一生付き合っていくのか…」と諦めている方も多くいます。

このままでいいんですか?

私はこの現状をどうにかしたいと強く思い、様々な講習会に参加して知識・技術を磨いてきました。また、大学院で動作分析を学び、膝痛の起こり難い動きを追求しております。

【大和みらい整体院】に通われているクライアント様からは

膝の曲げ伸ばしが痛みなく楽になりました
歩くときに足が軽いです
旅行に行けました
痛みで憂鬱だった毎日から解放されました
などの嬉しい声をたくさんいただいております。

もし私の記事を見て、自分にも当てはまる!と思うような方がいらっしゃいましたら当院で膝の痛みからさようならしませんか?

もう無駄な時間とお金はつかわなくて大丈夫です!

ご興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページを見ることができます。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA