寝起きで膝が痛い!その原因と対処法とは!?【膝痛専門 南林間駅 大和 みらい整体院】

こんにちは!大和みらい整体院院長のひろたです。11年間の臨床経験で2500人以上の方の治療を行なってきました。

本日もブログをご覧いただき誠に有難うございます!あなたにとって有用な情報となれば幸いです。

寝起きで膝が痛い!その原因と対処法とは!?【大和みらい整体院】

朝目覚めた時の動き出しにはすでに膝が痛いあなた。

膝に体重がかかっているわけでも歩いているわけでもないのに膝が痛い!

そのような症状を持ったあなたにとっての悩みの参考になる内容となっています。

そもそも膝の痛みの原因として言われていることは以下の内容です。

  • 半月板の損傷
  • 靭帯の損傷
  • 筋力の低下
  • 関節の変形
  • 軟骨のすり減り

これらはまさに原因といった感じですが、寝起きの膝の痛みは別のところが関与している可能性が高いです!

今回は寝起きで感じる膝の痛みの原因と対処法についてお伝えします。

寝起きで感じる膝痛の原因とは!?

  • 筋疲労
  • 不動
  • 姿勢不良

この3点は大きく関与します。

冒頭でお伝えしました「膝の痛みの原因」とは全く異なる内容ですが、寝起きに関してはこの3つは非常に重要な要因となります。

筋疲労

今回は筋疲労という表現をしましたが、筋肉に対する毎日の運動負荷や低栄養、循環不良等により筋肉が瘦せ細ったり硬くなる状況です。

筋肉が硬くなると関節は動き難くなり痛みを起こす可能性が高まります。

不動

寝ている時には無意識のうちに寝返りを行なっています。ずっと同じ姿勢を取り続ける事で関節は硬くなります。特に筋肉やその他の組織が伸ばされ続けるような姿勢は寝る時の姿勢としてオススメできません。

姿勢不良

寝起きで膝が痛いということは寝ている姿勢が問題となることが非常に多いです。まず第一に寝苦しいと感じる姿勢は良くありません。仰向け・うつ伏せ・横向きなど自分に合った姿勢は人それぞれです。情報に左右されすぎず自分が一番眠りやすい姿勢で眠ってください。それがわかれば一工夫加えるだけで膝の痛みが軽減する可能性は十分にあります。

対処法

今までお伝えした原因の部分を改善することで痛みが軽減する可能性があります。

筋疲労の対応は専門家から助言を受けることで改善を見込める場合が多いです。特に膝の痛い方を多く経験している理学療法士であれば効果的な治療を行なえると思います。

不動と姿勢不良はかぶる部分でもありますが、とにかく熟睡できる姿勢をまずは見つけることをお勧めします。それでも膝痛が軽減しない場合は一工夫加えるだけで痛みが変化する可能性は十分にありますのでご相談ください。

追伸

大和みらい整体院には膝痛を抱えた多くの方がご来院されます。

その方々の多くが以下のような悩みを抱えていらっしゃいます。

  • 注射を打っても効果が長続きしない
  • 筋トレをしても良くならない
  • 病院で手術を勧められたけどできればしたくない
  • 病院での治療はシップと電気治療だけで満足できない
  • 毎日の膝の痛みから解放されたい!
    整形外科や整体院などに通って治療を行なっても「痛みが変わらない」「全く効果を感じない」ということが今の現状です。

その結果、「この膝の痛みと一生付き合っていくのか…」と諦めている方も多くいます。

このままでいいんですか?

私はこの現状をどうにかしたいと強く思い、様々な講習会に参加して知識・技術を磨いてきました。また、大学院で動作分析を学び、膝痛の起こり難い動きを追求しております。

【大和みらい整体院】に通われているクライアント様からは

膝の曲げ伸ばしが痛みなく楽になりました
歩くときに足が軽いです
旅行に行けました
痛みで憂鬱だった毎日から解放されました
などの嬉しい声をたくさんいただいております。

もし私の記事を見て、自分にも当てはまる!と思うような方がいらっしゃいましたら当院で膝の痛みからさようならしませんか?

もう無駄な時間とお金はつかわなくて大丈夫です!

ご興味をお持ちの方はこちらをクリックするとホームページを見ることができます。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA