異常なしと診断されても膝が痛い!痛みの原因とは?【膝痛専門 南林間駅 大和みらい整体院】

こんにちは!大和みらい整体院院長のひろたです。11年間の臨床経験で2500人以上の方の治療を行なってきました。

本日もブログをご覧いただき誠に有難うございます!あなたにとって有用な情報となれば幸いです。

異常なしと診断されても膝が痛い!痛みの原因とは?【膝痛専門 大和みらい整体院】

膝が痛い時にまずは整形外科を受診されると思います。

病院ではレントゲンを撮って診断を受けて、シップの処方や注射、変形が目立つ場合には手術という流れになると思います。

しかし、原因が不明確な場合も数多くあります。

納得できる説明は受けましたか?

痛みは軽減していますか?

膝の痛みの原因は様々です。

以下の経験のある方はこのブログを参考にしていただけると幸いです。

  • 痛みがあるのに異常なしと言われた
  • シップを貼って様子みてくださいと言われた
  • 筋トレを頑張ってくださいと言われた
  • 手術しかないと言われた

ごく一般的なことが実は間違いかもしれません!

整形外科でありがちな診断

レントゲンの結果は非常に重要ですが、その内容を元に治療を選択していくことが必要です。

あなたが医師から言われた内容はいかがですか?

「変形性膝関節症です」「軟骨がすり減っています」などではないですか?

1つ言えることは、殆どの人は膝は変形してますし軟骨もすり減っています!

ものすごくO脚で歩いている人でも膝が痛くない人は沢山いらっしゃいます。

診断を受けることが重要ではありません!

痛みが改善することが重要なんです!

痛みがある時点で異常あり

「痛みがあるのに骨に異常はないのでシップを貼って様子みてください」

これは何の解決にもなりません!

例えば何か凄くきつい運動をした後に痛みが出たり、何かに膝をぶつけて痛みが出ている場合には経過観察も必要です。

しかし、このブログを見てくださっている方の多くは長い期間痛みに苦しんでいる方が多いと思います。

その場合の「シップを貼って様子みましょう」は何の解決にもなりません。

手術は必要なのか?

手術は絶対に必要です!

しかし、手術に踏み切るだけの的確な判断をできた場合のみです!

変形して軟骨がすり減っているから手術!

これでは無駄な手術になるかもしれません。

手術は出来るだけしたくない人がほとんどだと思います。

手術に踏み切る前に膝に詳しい治療家のもとで治療を受けてみてください。

追伸

大和みらい整体院には膝痛を抱えた多くの方がご来院されます。

その方々の多くが以下のような悩みを抱えていらっしゃいます。

  • 注射を打っても効果が長続きしない
  • 筋トレをしても良くならない
  • 病院で手術を勧められたけどできればしたくない
  • 病院での治療はシップと電気治療だけで満足できない
  • 毎日の膝の痛みから解放されたい!

整形外科や整体院などに通って治療を行なっても「痛みが変わらない」「全く効果を感じない」ということが今の現状です。
その結果、「この膝の痛みと一生付き合っていくのか…」と諦めている方も多くいます。

このままでいいんですか?

私はこの現状をどうにかしたいと強く思い、様々な講習会に参加して知識・技術を磨いてきました。また、大学院で動作分析を学び、膝痛の起こり難い動きを追求しております。

【大和みらい整体院】に通われているクライアント様からは

膝の曲げ伸ばしが痛みなく楽になりました
歩くときに足が軽いです
旅行に行けました
痛みで憂鬱だった毎日から解放されました
などの嬉しい声をたくさんいただいております。

もし私の記事を見て、自分にも当てはまる!と思うような方がいらっしゃいましたら当院で膝の痛みからさようならしませんか?

もう無駄な時間とお金はつかわなくて大丈夫です!

当院にご興味のある方は一度ホームページを覗いてみてください。

ラインの友達登録でも情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA